James Records

オルタナ・インディー・ポストロックなどの新譜から過去の名盤まで。

Welcome to James Records .

オルタナ・インディーからメジャーどころのポップスまでゆるくレビューするJames Recordsへようこそ。 今日の一枚 その日聴いて気に入ったアルバムをゆるく紹介。ジャンル分けしているのでお気に入りの一枚を探してみては。 ロック/ポップス オルタナティブ …

マリーゴールド / あいみょん(2018)

僕のバイト先では鬼のようにあいみょんが流れます。なので僕はその辺の女子高校生並みにあいみょんに詳しいです。 正直思ってませんか。「奇抜な名前の割りに曲普通じゃん」と。僕もそう思っていたし、そう思うのも仕方ないなと思います。 しかしマリーゴー…

Icky Mettle / Archers of Loaf (1993)

誰か一緒にピザ屋で働きませんか? 今なら紹介料3万円が僕に入るのでお勧めです。 Archers of Loafは90年代のUSインディーシーンの一角を担っていたバンドで、一部ではPavementやBuilt to Spillと肩を並べるほどと称されていたらしいです。にしてはあまり名…

アナログフィッシュ / アナログフィッシュ (2004)

ピザ屋でバイトしてるんですが注文来なすぎです。誰かお願いします。サービスはしませんがチップはください。 アナログフィッシュの1st。 アナログフィッシュほど時代の流れに沿って変化していったバンドもなかなか無いですが、自分はやっぱり1stが好きです…

Yankee Hotel Foxtrot / Wilco (2002)

昨日久しぶりに酒を飲んだんですがやっぱり酒はクソですね。特にウイスキーなどはクソです。ダイドーのシークワーサーソーダの方が100倍美味いです。禁酒したい人は試してみてください。僕はこれで酒をやめました。 Wilcoの4thアルバム、Yankee Hotel Foxtro…

Terror Twilight / Pavement (1999)

無職になってからローファイを聴く頻度が増えました。 けだるげな歌とサウンドが怠惰な毎日を映しだすからでしょうか。知らんけど 今週は治験に行っていました。全員死んだ目をしていたので全員にこのアルバムを聴かせたいなあと思いながらH2(あだち充)を…

平成の15枚

令和あけおめ! 独断と偏見で平成の15枚選んでいきます。 生活 / エレファントカシマシ (1990) 「俺はお前に負けないが お前も俺に負けるなよ」 おう....頭が本当におかしかったころの宮本の遺作。 エレファントカシマシ 男は行く 名前をつけてやる / スピッ…

Ghosts / ミツメ (2019.4)

社会人の皆さん、一週間お疲れさまでした。毎日が週末のAriumaです。 当ブログは働く皆さんを応援しています。飲みましょう。 約2年ぶりの新作リリースのミツメ。アルバムごとに趣向を変える彼らですが、今作は歌に重きを置いてる印象でした。全体的にミドル…

AINOU / 中村佳穂 (2018)

今日から社会人の皆さん、お疲れ様です!Ariuma(無職)です。慣れないことが多くストレスも多いと思いますので早く帰って音楽聴いて酒飲んで寝てください。 この中村佳穂さんのAINOUというアルバム、去年の邦楽のアルバムで一番良かったというレベルで好きで…

American Football(LP3) / American Football(2019.3)

お久しぶりです。忙しい毎日も過ぎ去り、やっと音楽に囲まれた生活ができそうです。地方ニートがオススメする音楽にこそリアルがあると信じて今日も記事を書きたいと思います。 American Footballといえば言わずと知れたポストロックレジェンドなんですがな…

【良いお年を】2018年の15枚

2018年もあと10時間くらいで終わりです。いやー最高の一年でした!来年も飛躍の一年にしたいです。 実家で暇な人とかいたらこの記事読んでください。ついでにコメントもお願いします~。良いお年を。 Anywhere You Like / ベランダ 京都の若手インディーズバ…

Lush / Snail Mail (2018)

あっという間に12月で今年ももう終わりですね。そろそろ今年の10枚みたいなの書きたい。サボってた分の帳尻を合わせるためにも書きます。 Snail Mailは最近19歳になったばかりの宅録女子によるギターポップバンド。昨今の溢れかえるばかりのギターポップバン…

☆A Night At The Opera / Queen (1975)

ボヘミアンラプソディ公開おめでとうございます!まだ観てないのでコメント欄でネタバレとかしないでください、お願いします! 1曲目「Death On Two Leg」、今聴いても本当にかっこいい。コテコテのハードロックかと思わせといて捻くれまくってる。随所に挟…

The Optimist / Cory Wong (2018)

お久しぶりです。プライベートが若干忙しくて更新出来ていませんでした、これからは週2くらいでの更新目指します!毎日は無理! Cory Wongというギタリストをご存知でしょうか。以前紹介したファンクバンドVulfpeckのギタリストで、超絶タイトなカッティング…

タイム・ラプス / きのこ帝国 (2018)

きのこ帝国の待望の新譜、本日発売です。特に最近はアルバムごとの変化が激しく、今回はどういう曲を聴けるのか非常に楽しみでした! で1曲目の「WHY」、屈託無いディストーションギターが聴けて早速ワクワクです。オルタナ寄りのアルバムなのかなとちょっと…

Are Matthew,Mark,Luke and John / The Jesus Years (2004)

お久しぶりです。当ブログは1日1枚を諦め、好きな時に更新する方針になりました。今後ともよろしくです! ところで北海道の方々、ご無事でしょうか。もう大丈夫だろうと思った頃に大きな揺れがやってくることもあります。備蓄の確保と避難経路・場所の把握を…

Belle Époque / ラッキーオールドサン (2017)

日が落ちるのが早くなって参りました。外の空気もどことなく冷たく、秋の訪れを告げるようです。こんな夜には、コンビニおでんと安い日本酒で一杯やりながらこの一枚を聴くことにします。 男女2人によるアコースティックユニット、ラッキーオールドサンの2nd…

AFTER HOURS / シャムキャッツ (2014)

平成最後の高校野球が終わりました。大阪桐蔭優勝おめでとう。負けた球児達の涙は甲子園の土を濡らし、空にはいずれ虹がかかります。皆、お疲れ様。 シャムキャッツは東京のインディーポップバンドです。フリッパーズギターと90年代オルタナなど色々ごちゃ混…

Intermission EP / No Vacation (2016)

今年の高校野球、面白すぎ...?金足農業のツーランサヨナラスクイズはもちろんですが、どの試合も切迫した展開で最高でした。大阪桐蔭だけは順当に余裕で勝ち上がってて流石といった所です。James Recordsは頑張る球児達を応援しています。球児達に届け、こ…

透明雑誌Forever / 透明雑誌 (2012)

今ウエストで飲んでいるのですが、ゴマだれ冷奴が多すぎて困っています。誰か来てください。 今、台湾オルタナが熱い。透明雑誌の紹介です。 名前からなんとなく分かる通りナンバーガールを最高にリスペクトしてるバンド。オルタナ然とした殺伐感の中にもキ…

TRICERATOPS / TRICERATOPS (1998)

James Recordsは第100回全国高校野球選手権大会を応援しています。鹿児島実業の皆さんはお疲れ様でした。優勝予想は木更津総合です。当たったらコメントください。 話が逸れましたがTRICERATOPSの1stを紹介させてください。 王道ロックンロールリフに乗せて…

Gemini / Wild Nothing (2010)

長期休暇で生活リズムが狂ってしまった方へ、寝る前にいつも聴いているアルバムの紹介です。 Wild Nothingはキャリアのステージごとに作風を変えていく柔軟なバンドです。このアルバムはドリームポップ、エレクトロニカ的な穏やかな音を楽しめる、耳に優しい…

さざなみCD / スピッツ (2008)

James Recordsは鹿児島実業高等学校野球部を応援しています。明日の金足農業戦頑張ってください。 さざなみCDは全国の球児に聴いてほしい、8月に最高に合うアルバムです。全曲シングルカット出来るくらいキャッチーな名曲揃いです。爽やかなサウンドが夏にぴ…

レモンドEP / ニトロデイ (2018)

横浜のインディーズバンド。 ニルヴァーナ、ピクシーズとかのオルタナ愛を微塵も隠さずストレートに鳴らすバンド。個人的に日本語詞にこだわってる所がうれしい。オルタナ直系のバンドはあっても英詞で歌うことが多いので。 曲良し、音良し、詞も良しでつい…

IN RAINBOW TOKYO / うみのて (2013)

笹口騒音ハーモニカ率いるバンド。 殺伐としたサウンドに、冷静だけど熱い鋭利な歌が特徴。主観とも客観とも言えない曖昧な立ち位置から社会や人間を風刺する歌詞が印象的です。暴力的なギターとやたら綺麗な鉄琴の対比も美しい。 前見たインタビューで、言…

CALL / スカート (2016)

東京で活動しているインディーバンドスカートの5thです。 ポップなのに王道を少し外したメロディやコード進行が最高です。爽やかなので夏の内にぜひ。ルックスも王道を外した感じでグッド。 一回ライブで観たのですが、その時はアコースティックでやっててこ…

TEAM ROCK / くるり (2001)

世間はフジロックですが皆さん苗場でそれっぽい帽子被って揺れてますか。実は今年はYoutubeで無料生配信しているので自宅でも楽しめます。是非に。 TEAM ROCKはくるりで1番か2番目くらいに好きじゃないアルバムです。中途半端にエレクトロニカ要素を入れてみ…

SickSickSickSick / 佐藤千亜妃 (2018)

きのこ帝国のギターボーカル佐藤さんのソロ作品。最近ツイッター始めたらしいのでフォローしてね。 本作はバンドサウンドは用いず、ポップなエレクトロニカ曲がほとんど。歌詞も恋愛など普遍的な内容で、人を選ばない感じです。純粋にメロディが良くてそれだ…

Foreign Languages / tide/edit (2014)

フィリピン?かどこかのポストロックインストバンド、tide/editの1st。フィリピンじゃなかったかも。すみません。 テクニカルかつキャッチーなフレーズがかっこいい。たまに繰り出されるファンキーなカッティングも良い感じ。あと演奏上手すぎ。toe好きだけ…

Crazy for You / Best Coast (2011)

Best Coastの1stです。 サーフ系のローファイパンクといった感じで、暑い日にぴったりです。冷房の効いた小綺麗な部屋よりは、扇風機1台置いてある小汚い部屋で聴くと良い感じです。それか海辺でラジカセとかで聴いてください。お願いします。 1曲目「Boy Fr…